食事 高齢者

高齢者には高齢者のダイエット いきなりカロリー制限は危険! 若い人のマネをしてはいけません。

投稿日:2020年11月15日 更新日:

美味しそう!! って思ったら、大丈夫(^_-)-☆

 

生命力=食欲

多くの高齢者を看てきた親しい医者が、こっそり教えてくれました。

 

生きるか死ぬかの決め手は食べ物だ」

 

当たり前?

餓死ってことでしょ?

 

ちょっと違います。

大事なのは、

食べることではないんです、食べ、なんです!!

を食べるかで、生死が分かれるんです。

 

これは何も高齢者に限ったことではありません。

人体は食べた物でできている、ということを否定する人は居ないでしょう。

食べ物は、老若男女、みんなに大事です。

 

でも、特に、高齢者は、食べ物の内容が致命的なんです。

以下に、その理由と、お勧めの食べ物、お勧めの食べ方を紹介します。

 

高齢者のダイエット(食生活)

太りすぎが健康に良くないことは、もう周知の事実です。

でも、これ、高齢者には特に悪いのです。

 

高齢者が肥満気味だと、重い体を動かすのに余計なエネルギーが必要になり、つい食べ過ぎてさらに太る

その上、弱った関節や筋肉、それどころか心臓にも不要な負担がかかり、辛いので動かなくなり、さらに太る

悪循環地獄にハマってしまいます。

 

一日も早く抜け出さなければ・・・💦

肥満の元を断ち切る決心は、今です。

 

肥満の元は食べ過ぎ

同じものを食べても、昔はもっと痩せてたのに、って嘆いてる人多いです。

実は、ワ・タ・シ・も💦

痩せの大食いと、みんなに羨ましがられていたのに・・・( ;∀;)

若いころと同じだけ食べてはだめなんですね。

 

なぜなら、基礎代謝力が落ちているからです。

つまり、食べ物をエネルギーに変える力が弱くなったのです。

 

それは大変

しっかり食べなきゃ

エネルギー不足だわ

 

 

いや、それにはおよばん。

あんた、もうそんなにエネルギーはイランのじゃ。

摂りすぎは肥満の元。

 

体を動かすにも、若い人ほどエネルギーはいらない・・・?

基礎代謝力というのは、エネルギーを作る力使う力の両方のことなんですね。

 

1kg の体重が、一日に必要とするカロリー(使うエネルギー)を比べてみましょう。(日本医師会)

年齢/性別 6~7 8~9 10~11 12~14 15~17 18~29 30~49 50~69 70代以上
男性 (kcal.) 44.3 40.8 37.4 31.0 27.0 24.0 22.3 21.5 21.5
女性 (kcal.) 41.9 38.3 34.8 29.6 25.3 22.1 21.7 20.7 20.7

この表の数字にあなたの体重(kg)をかけたものが一日の必要カロリーになります。

70代以上は残念ながらはっきりとした数字は出ていないようです。

急激な高齢化で正確な統計もとれていないのでしょう(笑)

 

基礎代謝が落ちるということは、言いかえれば、体の効率がよくなったことです。

年をとると体の性能がよくなるんです!!\(^o^)/

 

食べ過ぎが体に悪いのも納得できます。

動力機械に不要な燃料をつめ込むと、錆びたり腐ったりするわけですものね。

 

高齢者には高齢者の肥満解消法

肥満解消法は、若い人と同じではありません

ダイエットについても、若い人に効果があったと聞いて、マネをしてはダメです。

<高齢者の肥満解消>についての記事はこちらです。

カロリー制限は高齢者には向かない

7200kcalを得るには脂肪1kgの燃焼が必要です。

そこで、若い人が、1日500kcal分食事を減らせば、2週間では7000kcal、ほぼ脂肪1kgが落ちることになります。

 

ところが、基礎代謝の低い高齢者が同じことをやると、脂肪が減るどころか、筋肉が減るので、さらにカロリー消費量が減ってしまいます。

その結果、カロリー制限によって、かえって脂肪がつく結果になります。

摂取カロリーを意図的に減らせば減らすほど太りやすくなるのですね。

 

また、ダイエットのために空腹を我慢して、お腹がすき過ぎてから食事をとると、いきなり血糖値があがります。

すると血糖値をおさえようと、インスリンが放出されますが、このインスリン、実は体脂肪をたくわえる結果になるのです。

 

さらに、一度にたくさんのインスリンを使うと、すい臓は疲労し、やがて、すい臓がんを引きおこす結果になるかもしれません。

                                                                     そ、そうだったのか~

私のお母さん、すい臓がんて分かった時はもう手遅れだった。

手芸に夢中で、食事時間がいい加減なこと、多かったしな~

 

人が一生で放出できるインスリンの量は決まっているそうなので、早々と使いきったら後が大変!!

脅してばかりで済みません<(_ _)>

 

でも、ちゃーんと、美味しいもの、楽しめますよ!!

 

高齢者向きダイエット

普段の食事で気をつけること、たったの3つ

 

1.一度にまとめてたくさん食べることは避ける

 

いきなり血糖値をあげないようにしましょう。

空腹と満腹をくり返すのが良くありません。

 

空腹時をつくらないよう、ちょこちょこ食べることをおすすめします。

一日5~6食に小分けするのもいいですし、3食に間食を2回いれるのもいいです。

 

2.満足感を得られる食事内容にする

 

食事の満足感は、高カロリーから得られるのではなく、ボリュームで得られます。

一回の食事の中に、水分を多く含んだスープや汁物をとり入れる。

よく噛んで食べなければならない玄米や雑穀は、満腹中枢が刺激され満足できます。

また、うどんよりお蕎麦の方が、血糖値上昇を抑えることができますね。

 

3. バランスを考える

 

炭水化物(エネルギー源)やタンパク質(カロリーを消費する)を食事全体の40%ぐらい。

高カロリーの加工肉や嗜好品は全体の20%以内。

後は、緑黄色野菜で、ビタミンや食物繊維。

 

私、ビタミンCだけはサプリでとってるの。

体中をめぐる血液を綺麗にしてくれるから、元気の元かなって。

朝、前の日の疲れが残らなくなったみたい。

ビタミンは余分は排泄されるんでな。

ま、害はない。

しかし、薬ではないからな。

○○病に効くとかは言いませんぞ。

 

参考:サプリは、余計な物が入っていないのが安心です。


ディアナチュラスタイル ビタミンC 120粒 (60日分)

 

 

一押しは、お寿司!!

ヤッタネ!!

日本人の好きな食べ物の代表です。

これがおススメなら、文句なしではありませんか。

 

この写真、同僚の退職祝いのメインディッシュです。

職場は70歳定年。

平均年齢がちょうど70歳くらいの集いでしたが、これに汁物、茶わん蒸し、デザートの抹茶アイス、そして、白ワインで、みんな満腹になりました。

 

【ご飯も少なめ、酢飯で、健康的】

握りずし1個のお米の量は15g(25kcal)~25g(42kcal)、10個食べても150g~250gです。

 

お茶椀一杯分~どんぶり一杯になりますが、お酢を混ぜているので、口の中で消化液の分泌が盛んになるうえ、急な血糖値上昇をおさえ脂肪の合成もおさえ、燃焼を促進します。

お酢の効用は、中国の古い書物や江戸の食物の記録にも見られ、疲労回復力腸内環境を整える力はよく知られています。

お酢が血糖値上昇をゆっくりにするので、インスリンの分泌量が20%も減るという実験結果も出ています。

 

【握りずしの上にのるネタは栄養の宝庫】

握りずしの人気の常連の栄養をチェックしてみました。

ネタ マグロ・アジ・サーモン 真鯛・カレイ・イサキ エビ・カニ・イカ・タコ ホタテ・つぶがい・アワビ ガリ
栄養 DHA、EPA 低カロリー、高蛋白 タウリン ミネラル、タウリン 殺菌力

これだけで食事を終わると、食物繊維やビタミンが足りないかも。

汁物やサラダとかを一緒に心がけてくださいね。

 

さらにお勧めは、睡眠!!

食っちゃ寝、なんです(@_@)

カロリー使いたかったら、睡眠!?

 

朝起きた時って、体重が軽いですよね。

睡眠中は何も食べず、水分もとりません。

それなのに、体は働き、汗もかいています。

だから軽くなるのは当たり前。

 

どのくらい軽いと思いますか?

 

私の場合、寝る前より500g以上体重が減っています。

 

睡眠時間7,8時間で、300kcal 消費するそうです。

睡眠時間が4時間以下だと、消費するのはたったの 150kcal。

 

さらに睡眠は、ホルモンバランスや、自律神経を整えます

その結果、昼間の代謝も良くなるので、しっかり眠ることがとても大事です。

 

そんな生活で運動不足にならないの?

大丈夫、しっかり睡眠とれていれば、健康な人なら体がムズムズ、動かずにはいられません。

何か食べたくなりますよ(笑)

 

美味しく食べて、疲れて眠る、これは生活の基本ですよね。

簡単なようで難しい。

 

でも、退職後なら、これ最優先で暮らしてみませんか?

物忘れ!気づいた時がケアの合図

早めのケアで進行に抵抗
脳の働きをサポートできる
天然大豆成分で安心安全【サポートメモリープレミアム】
詳しくはこちら

-食事, 高齢者
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] <高齢者の食事については他の記事に書きました> […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

70才過ぎで、口が達者になって、頭の回転がよくなった! 実体験からおすすめ、その3

実体験からおすすめ、その2 からつづく 息抜きのチャンスが来た 二年目に入り、このままのリズムで、ゆっくりやっていけばいいかなと思っていた時、思いがけないことが起きました。 お勤めの誘いがあったのです …

高齢者の就活体験から:シニアの仕事は自分で作るっきゃないと気づき、行動開始

  停年退職してから、停年の無い働き場所をもとめてさ迷った結果、たどり着いた答えを紹介します。 この記事を読んでいただくと、次のことが分かり、貴重な時間の無駄が省けます。   この …

70才過ぎで、口が達者になって、頭の回転がよくなった! 実体験からおすすめ、その1

70才の3月、退職の日がやってきました。 拍手。 ハグ。 プレゼント。 最高の賛辞と感謝の言葉。   笑顔で、さっそうと退場するしかありません。 私も、伝えきれない感謝と感激で興奮気味です。 …

脳トレよりも効果的?73才で脳の若返り体験しました

脳が若返った体験 私は最近、自分の脳の働きがよくなったと実感しています。 はて、なんでだろうと考えてみて、思い当たることがあるので紹介しますね。   はじめに確認 人間には寿命があるように、 …

高齢者もできるだけ自宅で生活。施設で睡眠薬は使わないで。

子供のころからのつきあいが60年以上の親しいイトコに半年ぶりくらいに会いました。 年齢差は一回り以上うえのイトコです。 出会うなり「△△ちゃん!」「まあ、〇〇さん!」と呼びかけあえましたよ!! お互い …

物忘れ・・・

気づいた時に即ケア

大豆成分で安心安全なのに

物忘れの進行に抵抗する

【サポートメモリープレミアム】

詳しくはこちら